INFORMATION

レビトラとバリフ
ED治療薬には”世界三大ED治療薬”と呼ばれている薬があります。

バイアグラ、レビトラ、シアリスがそれにあたり、世界のED治療の際に使用されている治療薬です。

しかし、日本ではこれらは保険適用外のため、購入する際には1錠あたりの単価が非常に高額になってしまうという欠点があります。

そのため長期的にED治療薬を服用したいという方が、途中で服用をやめてしまうというケースもあると言われています。

ところが現在では、そのような方たちのために効果はオリジナルそのままに、はるかに低価格で購入できるジェネリック医薬品が開発されています。

日本国内でもっとも流通しているレビトラも例外ではなく、”バリフ”というジェネリックが用意されています。

インドを拠点にしている、アジャンタファーマというメーカーの開発によるものですが、この、アジャンタファーマという会社は主にジェネリック医薬品の販売を世界的に展開している信頼性の高い医薬品メーカーとして知られています。

バリフにはレビトラと同じ主成分を使用しているため、即効性、食事による影響などもオリジナルと同等の効果が期待できます。

もちろん、副作用も引き継がれることになり、それに関してはバリフの副作用の症例が紹介されている”インポ(ED)対策室”をご覧ください。