INFORMATION

バイアグラの副作用の問題
バイアグラは血管拡張作用があり、それが勃起を引き起こしています。
そしてそれ自体が副作用の原因でもあるのですが、
副作用を弱めることはできるのでしょうか?

バイアグラの副作用で代表的なものは、頭痛ですね。
そこまで感じないものなのですが、
どうしても頭痛に敏感で、気になって集中できないという人でしたら、
勃起に対して逆効果です。

どうしても頭痛が気になるようでしたら、
副作用が弱くなるようにある程度対処してみましょう。

もちろん頭痛薬はダメです。
薬の同時摂取はやめましょう。

頭痛は、血管が拡がって、それにより頭が圧迫されて起こりますので、
例えば直前に湯船に浸かるなど、
より血管を広げる行為はやめましょう。

入浴は、作用が強くなりすぎて、重篤な被害を引き起こしてしまう恐れがあります。

また、グレープフルーツのような、
同じく血管拡張作用のある食材を摂取することも危険です。

グレープフルーツは、高血圧症の薬などとも併用が出来ない為、
ご存じの方も多いと思いますが、
「グレープフルーツは高血圧に良いらしい」
と、間違った解釈で、薬と一緒に食べる人がいるのも事実です。

しっかりと知識を付け、医師の説明を聞き、
正しい使い方で薬を服用しましょう。