INFORMATION

バイアグラ副作用の危険
ED患者の希望の薬「バイアグラ」
今では数多くの勃起不全患者の苦悩を解消しています。

特に日本では、ED患者数も年々増加傾向にあり、
ED治療薬の力を借りている人も多いでしょう。

日本では1998年に認可登録されたので、
それ以降今でも病院で処方されています。

そんなバイアグラですが、副作用があるので注意が必要です。
バイアグラには血管拡張作用というものがあります。

まず、EDのほとんどが動脈硬化など、血の流れが悪くなる症状を患っています。
その結果、血管の細いペニスの内部まで血液が流れず、
十分に勃起することが出来なくなるのです。

そこで、バイアグラで血管を広げることで、
一時的に血流を良くします。

それで勃起は可能になるのですが、
同時に希望しない作用まで引き起こします。

それは、頭痛、のぼせなどです。
頭痛は血管が拡がることで起こります。

確かに、頭痛が起きている時って、鼓動も大きく、
ズキズキと脈打つのが伝わりますよね。

バイアグラの副作用のほとんどは、
この血管拡張作用によるものみたいですね。

また、グレープフルーツなどの、同じ血管を広げる作用のあるものを
同時に摂取すると、大変危険ですので、行為の前には絶対に避けましょう。